Menu

旨味を引き出す淹れ方

Home

お茶を淹れるその前に・・・

お水選び

水選び

お茶の味を十分に引き出すなら、ミネラル分の少ない軟水がおすすめ
です。
日本の水はほとんどが軟水ですが、少し沸騰させてから使いましょう。
外国産のミネラルウォーターを使用する場合、お茶をいれるには
適当ではありません。
お茶の成分、カテキン・カフェインと反応して味が淡白になり、
香りも減少して濁った水色となるので避けましょう。

お湯の温度

ケトル

お茶の種類によって、美味しく淹れられ
るお湯の温度が異なります。
煎茶の場合はひと冷まししたお湯でいれ
るというように、それぞれのお茶に
あった温度のお湯を使いましょう。

保存方法

茶葉の保管をする茶筒

開封したお茶はできるだけ早く飲み
きってしまいましょう。
保存する場合は密閉容器に入れ、湿気の
少ない涼しいところに置きましょう。

淹れ方

煎茶の淹れ方

1

急須に人数分の茶葉を入れます。

2

沸かしたてのお湯をいったん人数分の湯飲みに注ぎ分けひと冷ましてから(70~80度)
急須に注ぎ1~3分(茶葉によって違います)蒸らします。

3

濃さが均一になるように、湯飲みに注ぎ分けます。

4

最後の一滴まで注ぎきると2煎目もおいしく飲めます。

※お茶の旨味を楽しみたい時は低めの温度で、爽やかな渋味と香りを楽しみたい時は高温でさっと入れてください。

ほうじ茶の淹れ方

1

急須に人数分の茶葉を入れます。

2

よく沸騰させたお湯を急須に注ぎ、20秒~30秒くらい蒸らします。
※ほうじ茶は湯冷ましの必要はありません。熱いお湯で香り立ちを際立たせます。

3

濃さが均一になるように、湯飲みに注ぎ分けます。

4

最後の一滴まで注ぎきると2度目もおいしく飲めます。

※2煎目は急須からすぐ湯飲みに注いでください。
2煎目でおいしさはほとんど出尽くしますので、次からは茶葉を取り替えましょう。

冷茶(ティー・オンザロック)の淹れ方

1

急須に茶葉を少し多い目に入れます。※標準は1人前約5グラム(大さじ 1杯)

2

約60度~80度くらいのお湯を用意し、急須に注ぎ1分(茶葉によって違います)蒸らします。

3

蒸らしてる間に、厚手のグラス等に氷を数個入れます。

4

グラスに直接注ぎます。煎茶同様、最後の一滴まで注ぎると2煎目もおいしく飲めます。
急冷したお茶は香りと味をそこなわず美味しくいただけます。

※お茶の旨味を楽しみたい時は低めの温度で、爽やかな渋味と香りを楽しみたい時は高温でさっと入れてください。

薄茶の点て方

1

抹茶のダマが気になる時は茶こしでふるい、茶杓に1杯半(約1g)茶碗に入れます。

2

1度沸騰させたお湯約50mlをひと冷まししてから(約80度)、茶碗に静かに注ぎます。

3

茶筅を前後にすばやく動かして、茶碗の中央から茶筅を引き上げると、泡がふっくら見えます。

濃茶の点て方

1

抹茶のダマが気になる時は茶こしでふるい、茶杓に3杯半(約2g)茶碗に入れます。

2

1度沸騰させたお湯約50mlをひと冷まししてから(約80度)、静かに注ぎます。(最初は15ml程度)

3

茶筅を静かに動かして、抹茶とお湯をなじませてから、ゆっくり練るように混ぜます。

4

ある程度混ざったらお湯10ml程度を加えて、お好みの濃さに調節します。
さらに練り上げて、ねっとりしたツヤが出てきたら出来上がりです。